浮気調査を終了した後に問題解決のために法的措置や調停に弁護士に依頼するお客様も増えてきています。

離婚に関する条件などでパートナーと平行線で話し合いが進まない状態であったり、パートナーの不倫相手など慰謝料を請求したいが、「会いたくない、直接連絡を取りたくない」と考えているお客様もいらっしゃいます。


そこで調査終了後などに、お客様からのご要望がありましたら、離婚問題に精通した弁護士をご紹介することもできますので、ご要望の旨をお伝えください。


調査終了後の問題解決に離婚、慰謝料、財産分与、親権、お子様との面会交流などの問題が発生することも予想されます。

解決には時間や労力もかかりますので、日常生活にも大きなストレスを感じることでしょう。

そこであなたの代理人となって協力して頂ける弁護士がいると、相手との話し合い交渉から調停、裁判などを全てお任せできますので、相当なストレスを軽減できます。

検討してみてはいかがでしょうか?