ご主人や浮気相手との交渉には、証拠写真を忍ばせておくと心強いです。

 

切り札は全部見せてしまうと不利になりますよ

札幌エリアでの調査依頼の多くは、浮気調査が中心になっています。

お客様の中には、調査終了後の浮気相手との話し合いに、「探偵の報告書をバシッ!と叩きつけてやる!」

とお考えのお客様もいらっしゃいます。

多分。気持ち的にはスッキリはするかも知れません。

腹が立つお気持ちはよくわかりますが、探偵の報告書はそのように使うものではありません。

なぜなら、相手に調査した内容が全て知られてしまうとあなたがこれからの話し合いで不利になると思うのです。

 

例えば、報告書の内容を知ったご主人、もしくは浮気相手はどのように考えるでしょうか?

「あー。最近のことしか知らないんだ!」

「これ以外のことはバレていない。だったら、なかったことにしよう!」

そう考えてもおかしくないですよね。

 

浮気のことで話し合い時にあると心強い「撮影日時付きL版証拠写真」

相手にきちんと話をすることが得意な方ばかりではありません。

話だけで伝えるだけでは、説得ができず、相手も認めないで逃げようとすることも考えられます。

そこで私たちは、話し合いのお守りとして使用していただきたくて、報告書の他に「L版証拠写真」をお渡ししています。

今までのお客様にも、「あって良かった!」と言うお声もいただいています。

ICレコーダーと一緒に、ジャケットの内ポケットや、鞄に忍ばせておくだけで、心強いものです。

あー言えば、こう言う相手。

のらりくらりと否定する相手。

逆切れしてくる相手。

そのような相手の言い分を充分に聞いた後に、証拠写真をペラッと数枚、見せてあげたらいかがでしょうか?

その証拠写真は、撮影日時が記載されていますので、写真一枚でも説得力が違います。

きっと話し合いも優位に進むはずです。

 

報告書の他に、別途L版写真を渡すようになった理由

別途L版写真は、話し合いの時に活用して頂きたくてお客様にお渡ししているものです。

なぜ、お渡しするようになったかと言いますと、じつは過去に女性のお客様より調査を依頼された時のエピソードが始まりです。

 

私のところに、札幌に居住する浮気相手のことを調べてほしいと、他社さんの探偵事務所の報告書の写真部分を、ハサミで切って持ってきました。

その写真部分は、小さくてボロボロ。

ぐしゃぐしゃにされたみたいなので、きっとご主人に話し合いの際に見せて逆切れされたのかも知れません。

 

人が写っているけれど、ぐしゃぐしゃで顔の認識ができるものではありませんでした。

写真用紙ではないので仕方がないのです。

なぜ、お客様は報告書の写真部分を切り取ったのか?

その理由は、探偵に報告書を見せるのは、「報告書取扱規程」違反だと忠告されていたようです。

そこでお客様は、報告書をみせてはならないと思って写真を切り取ったのです。

 

パートナーや浮気相手との話し合いで写真を破られても大丈夫!

「そこまで言うなら、証拠をみせてよ!」

認めたり反省するどころか、だんまり、または逆切れ!

そんなことも考えられます。

感情的になって写真を破られることもあるかもしれません。

 

でも、写真を破られても大丈夫です。

私たちは、あなたに「数百枚の写真データ」も一緒にお渡ししますので、同じ写真は何枚でも印刷できますから。

 

大変ですが、がんばりましょう。

話し合いがスムーズに進むように応援しています。

 

Follow me!

岩見沢エリアの浮気調査ならお任せ下さい。

パートナーの浮気でお悩みではありませんか?
ひとりで悩んでいても、不安だけが大きくなると思います。
事態を把握できたり、選択肢が見えれば、不安も小さくなります。
もし、よろしければ、私たちにご相談してみませんか?

・浮気の事実だけを知りたい方
・離婚をお考えの方
・慰謝料をお考えの方
・パートナーの態度次第では離婚を考えなければならない方

今までの経験から解決に向けて最適なご提案をいたします。