ご相談内容

夫が2か月ほど前から無断外泊を継続中の奥様よりご相談。

45歳になる夫は、勤務先には出勤しているが、帰宅しない状況が続いている。どこに宿泊しているのかわからないとのこと。

月に数回程度、自宅に立ち寄ることはあるが、今後について話し合いをしようとは思っても話し合いにならない。

多分、女性のところに転がり込んでいるのではないかと思うとのことでした。

もし、女性の存在が明らかになったのなら、慰謝料請求と離婚を考えている。夫は絶対に認めないと思うので、確かな証拠を押さえてほしいとのご依頼です。

調査実施

調査の結果。ご主人は、市内のアパートに出入りしていることが明らかになりました。そのアパートには、推定年齢30代半ばの女性が居住していることが判明しました。

ご主人が女性と同棲しており、同アパートが生活の拠点となっている証拠として、宿泊状況の証拠保全4泊分。二人でスーパーに買い物をしている状況。女性の車を借りて出勤している状況など、一連の状況を撮影しました。また、慰謝料の請求のために必要な、女性の氏名、勤務先を判明しました。

ご依頼者様のご要望により弁護士をご紹介し、連携を取りながら調査を進めました。

調査費用

着手金+成功報酬プラン

  • ご主人の訪問先判明
  • 交際相手宅の宿泊状況4泊分
  • ツーショット、買い物などの行動
  • 女性の氏名、勤務先

調査費用の総額:約40~50万円