夫の浮気相手が職場の女性?職場不倫は泥汚れと同じくらいしつこい時がある

社内恋愛

もし、あなたのご主人が浮気をしていたとして、その交際相手が職場の女性だったらどうしますか?

今回は、ご主人が職場の女性と浮気をしているかも知れないとお悩みの方へお話しします。

夫の浮気を黙って見過ごすわけにはいかない

できれば穏便に、会社や仕事に支障がでない内にサッサと別れて欲しいものです。

ですが、浮気相手が仕事関係の女性だとそうはいかない場合があるので難しいところです。

かといって、確固とした浮気の証拠もないままご主人を問いただしてみても、シラを切られるばかりか次からは警戒してシッポを見せなくなる可能性も大いにあり得るのです。

パートナーの不倫の事実が分かった以上、何もしないまま黙認を続けることは、できないのではないでしょうか?

夫の会社の上司に悩みを相談することは解決にはならない

振り返る

そんな時に、ご主人の会社の上司にそれとなく悩みを相談すること。

これだけは、まったくの解決になりません。

社内では噂になる可能性も十分ありますし、上司がご主人や交際女性にヒアリングした時点で、あなたや会社が二人の関係を疑っていることがバレてしまうのです。

そうなると、周囲に十分注意を払いながら交際を続けることになるので、シッポをつかむのはより困難になります。

また、あなたが離婚を前提に考えていないのであれば、会社の上司に依頼するなどして仕事に影響を与えてしまうことは、今後のことを考えれば避けた方が良いと思います。

職場での不倫は、いくらでもカムフラージュができるため白黒の判別に困難を極めます。

しかし、会社の外に出れば、何かしらの密会の行動がみられるものです。

ですから夫婦の問題解決を、会社の上司に委ねるのではなく、まずは、きっちりと浮気の証拠をつかみ、ご自身で解決をすることをオススメします。

不倫相手と夫を引き離すには

喧嘩中

社内不倫をしているとはいえ、さすがに性交渉までは社内で行うことはできません。

性的行為をしていたとしても、せいぜいハグやキスどまりといえるでしょう。

あなたからするとそれすら腹が立つかもしれませんが、これでは浮気をしていたという強い証拠にはなりません。

二人で口裏を合わせて、ふざけていただけだといわれると、それで終わってしまいます。

確実に証拠を見つけるには、二人が社外で密会しているときがチャンスなのです。

レストランなどでの食事だけでは証拠になりませんので、ご主人が不倫相手の自宅に出入りしている姿やホテルから出入りしている姿などを、カメラで撮影記録します。

不倫の証拠を押さえた場合には、あなたが離婚する気がなければ不倫相手だけに慰謝料を請求することも可能です。

ご主人と離婚をしないのであれば、今の仕事を続けてほしいと思う奥様も多いですが、不倫相手とは離れてほしいですよね。

なるべく会社にバレないよう二人を引き離したいと思うのなら、戒めのためにも不倫相手に対して慰謝料請求を行ってはいかがでしょうか?

不倫相手が会社を辞めなかったとしても、慰謝料を支払い続けなくてはならないので、社会的制裁を与えることができます。

また、「会わない事とする誓約書」などを作成するのも効果的です。

これに懲りてご主人に対して手を出さなくなる可能性は高まるでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ご依頼をいただく浮気調査の中でも、社内不倫の浮気調査は一番多いです。

社内不倫の場合は、あなたに対する警戒だけではなく、会社の同僚への発覚にも注意していますので、周囲に警戒して行動する傾向が高いです。

お客様の中には、無警戒ではない相手にセルフ浮気調査をして失敗し、証拠収集調査が難航しているケースも少なくありませんので、ご注意下さいね。

もし、ご主人の様子で気になったことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

Follow me!

プロフィール

萬徳 聡(マントク サトシ)
萬徳 聡(マントク サトシ)合同会社アイスターオフィス 代表
全国ネット大手探偵社に所属し調査経験を積み、平成16年、独立開業。札幌市、千歳市、苫小牧市の法人及び個人のお客様より、調査依頼を受け活動しています。
一般社団法人 北海道調査業協会 会員
一般社団法人 全日本総合調査業協会 会員
一般社団法人 北海道探偵調査業協会 専務理事

詳しいプロフィールはコチラ!

調査に関することなら何でも聞いてください。

・調査をした方が良いのかわからない。

・調査をするメリットやデメリットは何があるの?

・どんな解決方法があるのだろう。

・事実が判明したり、証拠をつかんだら、その後どうしたらいいのか?

・同じような境遇の人は、どのように解決しているのか?

・色々調査料金のプランのお話しを聞いたけど、どれが良いのかわからない。

色々な不安や疑問が多いのではありませんか?


もし、あなたが調査を依頼しようか迷っていましたら、まずはご相談下さい。

弊社では、押しの強い営業行為は一切行っておりません。

私たち探偵が、あなたのお悩みの解決に向けて、何ができるかお話いたします。